読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

中部(セントレア)空港 LCCターミナルの詳細発表

航空券の旅まるです。

中部国際空港は3月31日、19年度上期に供用を開始する予定のLCCターミナル

の詳細を明らかにした。急速なLCCの普及や訪日旅行者の増加を受け、

16年3月にターミナルの新設計画を発表。規模などの検討を進めてきた。

17年度中には着工する予定で、2階建ての建物2棟で構成し、

延床面積は約4万平方メートル。年間の取扱旅客数は国際線300万人、

国内線150万人の計450万人をめざす。

新ターミナルの立地 

建設地は空港島南側の臨時駐車場エリアで、航空会社のチェックインカウンターや

CIQ施設などのある「チェックイン棟」と、搭乗待合室や出発ゲートなどのある

「コンコース棟」の2棟を設ける。2棟の間は連絡通路で結ぶ。

出発ロビーは2階、到着ロビーは1階に設ける。

ターミナル内にはコンコース棟の制限エリア内を除いて飲食店や物販店などは

ほとんど設置せず、同施設への誘導をはかるという。

なお、現ターミナルからは徒歩4分、19年秋に開業予定の愛知県国際展示場からは

徒歩5分でアクセスできるという。

スポットについては国際線専用、国内線専用、内際兼用(スイング)の3種類で

計10スポットを設ける。いずれのスポットも小型機から大型機まで対応可能で、

搭乗にはボーディングブリッジを使用せず、エプロンルーフを使って徒歩で

搭乗することで、航空会社のコスト削減をはかる。

拡張用の用地

将来の拡張については、コンコース棟を延伸し、固定スポットを6スポット

増設できる用地を確保済み。

実施は早くても20年の東京オリンピックパラリンピック以降になるとの

見通し。

新ターミナルの利用航空会社については、就航を予定する

エアアジア・ジャパン(DJ)が拠点として使うほか、複数のLCCと協議を

進めている。

travelnoah.co.jp

 

バニラエア 関空/奄美線に就航

航空券の旅まるです。

バニラエア新路線運航とスケジュールについて

バニラエア(JW)は3月26日、関空奄美大島線に就航した。

関空発着路線としては台北(桃園)線、成田線、函館線に続く4路線目で、

1日1便で運航する。使用機材は180席のエアバスA320-200型機。

バニラ、関空奄美線に就航、初便搭乗率は8割 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

政府は3月7日に、奄美大島など8島からなる奄美群島の一部地域を

奄美群島国立公園」に指定。

18年には「奄美琉球」の世界自然遺産登録をめざしている。

運航スケジュールは以下の通り。

バニラ、関空奄美線に就航、初便搭乗率は8割 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

▽JW、関空奄美大島線スケジュール(17年3月26日~)
JW873便 KIX 12時25分発/ASJ 14時10分着(デイリー)※3月26日~4月5日
JW873便 KIX 12時15分発/ASJ 14時00分着(デイリー)※4月6日~6月30日
JW873便 KIX 09時50分発/ASJ 11時35分着(木・土・日)※7月1日~14日
JW873便 KIX 09時55分発/ASJ 11時40分着(月・火・水・金)※7月1日~14日
JW873便 KIX 10時20分発/ASJ 12時05分着(デイリー)※7月15日~8月31日
JW873便 KIX 12時30分発/ASJ 14時15分着(デイリー)※9月1日~14日
JW873便 KIX 10時20分発/ASJ 12時05分着(デイリー)※9月15日~19日
JW873便 KIX 12時30分発/ASJ 14時15分着(デイリー)※9月20日~10月28日
JW874便 ASJ 12時25分発/KIX 13時50分着(デイリー)※3月26日~4月5日
JW874便 ASJ 14時40分発/KIX 16時05分着(デイリー)※4月6日~6月30日
JW874便 ASJ 17時05分発/KIX 18時30分着(デイリー)※7月1日~14日
JW874便 ASJ 12時45分発/KIX 14時10分着(デイリー)※7月15日~8月31日
JW874便 ASJ 14時55分発/KIX 16時20分着(デイリー)※9月1日~14日
JW874便 ASJ 12時45分発/KIX 14時10分着(デイリー)※9月15日~19日
JW874便 ASJ 14時55分発/KIX 16時20分着(デイリー)※9月20日~10月28日

格安航空券|国内旅行往復・片道予約受付中!旅まる

 

 

いつかは...「瑞風」

先日、空飛ぶホテルをご案内しましたが今回は走るホテルの案内です。

6月17日に運転を始める豪華列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が

ついに公開されました。

「ホテルが走り出す」JR西日本トワイライトエクスプレス瑞風

10両編成の外観は、これまで車体に傷がつかないようにラッピング

されていましたが、ようやくトワイライトエクスレス伝統の

ダークグリーンを初披露。窓下には金色の帯が走り、瑞風エンブレムがキラリ。

1両室のザ・スイートや展望車両、食堂車、ラウンジカー。

2月23日、大阪市淀川区の車両所には多くの報道陣が詰めかけ記念式典では、

車両開発に携わったデザイナー、6月から乗務するスタッフの皆さんが瑞風の

魅力を紹介。バイオリニストの葉加瀬太郎さん自ら、瑞風のために書き下ろした

テーマ曲「瑞風~MIZUKAZE」を演奏。

エクステリアデザインを担当した福田哲夫さんは「高運転台の先頭車両は

JR西日本の優等車両らしさを意識し、特徴的なデッキを含む5本の動的な流線は

1930年代に一世を風靡した流線型の車両をイメージしています」と説明。

車内は、空間プロデュースとインテリアデザインを担当した浦一也さんで

「ちょっと懐かしさもあるデザインで、ホテルが走り出す空間づくりを

目指しました。全体に流れるデザインは昭和初期にも通じるアールデコ様式で、

車内は天然木材をふんだんに使いました」とレクチャー。

瑞風の中でも最高級の「ザ・スイート」。

世界的にも珍しい1両1室というぜいたくさです。この部屋は二層構造になっていて、

リビングと寝室はかさ上げされた車両中央にあり、両サイドにプライベート

バルコニーとバスタブ付きバスルームが配置されています。

一番気になっていたのはバスタブ付きのバスルーム。車両の揺れに対応した

特殊なバスタブに浸かると、ちょうどいい高さに小窓がきます。

バルコニーには夜景を見るための心遣いで遮光カーテンが付いています。

半開きできる窓から、風を感じることもできます。

いつかは乗ってみたいですね。

travelnoah.co.jp