読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

デルタ航空 アメリカン航空羽田枠の没収要請へ

デルタ航空は現地時間10月1日に米国運輸省(DOT)に対して、

アメリカン航空に再配分した羽田/米国間の発着枠を取り上げるよう要望した。

同発着枠はデルタ航空が2013年から羽田/シアトル線として運航していたが、

前回の冬ダイヤではほぼ運休したことから、アメリカン航空

ハワイアン航空が再配分を要請。

DOTは条件つきでDLに発着枠を残したものの、その後同社は路線維持の

条件の厳しさを理由に今年9月末での返上を決定したため、10月以降は

アメリカン航空に配分することを決定していた。

今回の要望でデルタ航空は、アメリカン航空が代替路線として申請していた

羽田/ロサンゼルス線が、10月1日から60日以内の運航開始を条件に

認められたにも関わらず、アメリカン航空は運航スケジュールの申請や

販売などをおこなっていないと主張。

アメリカン航空は60日以内に同路線を運航する意欲がない」との見方を

示している。

デルタ航空はDOTに対しても「確実なデイリー運航」や4半期ごとの

レポート提出など、シアトル線維持のために課した条件が

「非常に厳しかった」と指摘。

代替路線開設のための条件を守っていないとするアメリカン航空に、

今後も発着枠を維持させることについては「勝手で気まぐれ」と主張した。

なお、アメリカン航空は10月5日20時の時点で、今回のDLの要望に対して

コメントなどは発表していない。