読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

フランス・パリ 「テロ事件」発生後の状況について

航空券の旅まるです。

パリ市内にて同時テロ事件以降の状況についてご案内致します。

この事件を受け、フランス大統領は非常事態を宣言し、

11月14日(土)~16日の3日間、喪に服すことを発表しております。

現在、パリ市内・近郊の様々な観光施設、具体的には美術館や博物館、

大型百貨店、クルーズ船、ベルサイユ宮殿、エッフェル塔などが

閉鎖されているほか、エッフェル塔のライトアップも自粛されております。

シャルル・ド・ゴール空港オルリー空港、パリ市内の各国鉄駅周辺は

現在のところ通常の警備体制が敷かれています。

また空港では、シェンゲン域内の移動の場合であってもパスポートが

必要となっています。

地下鉄、 路線バスは、パリ市内の「Republique駅」他、10区、11区にある

一部の駅が閉鎖しておりますが、それ以外は本数が減っているものの

通常運行しております。

また、パリ市内とシャルル・ド・ゴール空港を結ぶRER・B線、 ロワシーバスも

通常運行しております。

通常よりも厳しい警備体制が見られるものの、現在パリの街は平常通りと

なっております。

パリへご旅行中の方、これからパリへお出かけ予定の方は、

最新情報に十分ご注意ください。

合わせて、外務省渡航情報もご確認願います。