読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

東京ディズニーリゾート20年までの計画を発表「美女と野獣」新設

オリエンタルランドはこのほど、東京ディズニーランドTDL)と

東京ディズニーシーTDS)について、2020年までの開発計画の一部を発表した。

同社は14年に「23年までに『高い満足度を伴った入園者の数』を恒常的に

3000万人レベルとする」ことを目標として設定。

しかし14年以降の入園者数が想定以上に増加していることから、目標達成を

20年度へと前倒しし、開発計画の一部を見直すこととした。

TDLについては、20年春を目途に新たな施設を複数オープン。

ファンタジーランド」内では、1992年に公開したアニメ映画をモチーフとした

美女と野獣エリア(仮称)」を新設する。野獣の住む城や映画に登場する

街並みを再現し、音楽にあわせて乗り物が動くアトラクションも設置するもので、

投資額は約320億円。

ファンタジーランド」内には屋内シアターも開設し、キャラクターによる

オリジナルのプログラムを上演。定員は約1500名で、投資額は170億円。

「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションのイメージ

そのほか「トゥモローランド」については、約60億円を投じて映画

「ベイマックス」をテーマにしたライドタイプの新たなアトラクションを設ける。

体験時間は約1分30秒。

アトラクションの隣にはTDLTDSでは初めて、ポップコーンの専門ショップも

設置する。

トゥーンタウン」内には、新たにミニーマウスのグリーティング施設を開設する。

一方、TDSでは19年度内に「メディテレーニアンハーバー」エリアに、

大自然を体感できる新アトラクションをオープン予定。