読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

軽井沢で7月29日にマリオット開業

軽井沢で7月29日にマリオット開業、長野初の外資系 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

森トラストグループとマリオット・インターナショナルはこのほど、

ラフォーレ倶楽部 ホテル中軽井沢」をリブランドし

軽井沢マリオットホテル」について、開業日を7月29日に決定した。

「マリオットホテル」の日本における5軒目のホテルで、長野県内では

初めての外資系ブランドによる宿泊施設となる。

2社は今年に入り、森トラストグループが国内で運営する

ラフォーレホテルズ&リゾーツ」のホテル5軒を「マリオットホテル」に

リブランドすることで合意。増加する訪日外国人旅行者へのアピールが目的で、

軽井沢マリオットホテル」はその1号店となる。

残りの4軒も2017年中にはリブランドオープンする予定。

同ホテルは、中軽井沢エリアの森に囲まれた約1万2000平方メートルの敷地に、

ホテル棟とコテージ棟で計86室の客室と、レストラン、温泉、スパ、

会議施設などを備える。

今後は露天風呂付きの客室など56室を有する新築棟の増設も計画しており、

17年の完成後には全142室となる予定。

1名利用時の客室料金の定価は「モデレートルーム」の5万8000円から

「エグゼクティブスイート」の20万円まで。

サービス料、消費税、入湯税などは別途徴収する。

宿泊予約の受付は同ホテルのウェブサイトなどで6月17日から受け付けている。