読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

関西空港 LCC新ターミナル1月末に供用開始

関西エアポートはこのほど、関西国際空港関空)に建設中のLCC専用の

新たなターミナルビルの名称を「第2ターミナルビル(国際線)」とし、

1月末を目途に供用を開始することを明らかにした。

既存の第2ターミナルビルについては名称を「第2ターミナルビル(国内線)」に

変更し、国内線LCC専用とする。

新たな「第2ターミナルビル(国際線)」には、国内空港では初めて、国際航空

運送協会(IATA)などが開発した最新の保安システム「スマートセキュリティー」を

導入。

同システムは手荷物検査におけるトレーの移動を自動化した「スマートレーン」や、

ボディスキャナーなどからなるもので、利用者の待ち時間を従来の3分の2に短縮する。「スマートレーン」は従来の国内空港のレーンの2倍以上の長さがあり、上着などの

着脱もしやすくなることから利便性が増すという。

17年度には伊丹にも試験導入する予定。そのほか、出国審査後の制限エリア内には、

免税店やフードコートからなるウォークスルー型のショッピングエリアを設ける。

「第2ターミナルビル(国際線)」の新設に伴い、第2ターミナルビルの敷地面積は

3万6000平方メートル増え、計6万6000平方メートルとなる。

搭乗ゲートは新たに11を追加して計21に。年間の最大処理能力は国際線が285万人、

国内線が550万人となる見込み。

バス停留所は出発・到着地を2ヶ所ずつ増やし、今年4月から先行運用を開始している

駐車場は収容台数を1600台にまで引き上げる。

travelnoah.co.jp