読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

いつかは...「瑞風」

先日、空飛ぶホテルをご案内しましたが今回は走るホテルの案内です。

6月17日に運転を始める豪華列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が

ついに公開されました。

「ホテルが走り出す」JR西日本トワイライトエクスプレス瑞風

10両編成の外観は、これまで車体に傷がつかないようにラッピング

されていましたが、ようやくトワイライトエクスレス伝統の

ダークグリーンを初披露。窓下には金色の帯が走り、瑞風エンブレムがキラリ。

1両室のザ・スイートや展望車両、食堂車、ラウンジカー。

2月23日、大阪市淀川区の車両所には多くの報道陣が詰めかけ記念式典では、

車両開発に携わったデザイナー、6月から乗務するスタッフの皆さんが瑞風の

魅力を紹介。バイオリニストの葉加瀬太郎さん自ら、瑞風のために書き下ろした

テーマ曲「瑞風~MIZUKAZE」を演奏。

エクステリアデザインを担当した福田哲夫さんは「高運転台の先頭車両は

JR西日本の優等車両らしさを意識し、特徴的なデッキを含む5本の動的な流線は

1930年代に一世を風靡した流線型の車両をイメージしています」と説明。

車内は、空間プロデュースとインテリアデザインを担当した浦一也さんで

「ちょっと懐かしさもあるデザインで、ホテルが走り出す空間づくりを

目指しました。全体に流れるデザインは昭和初期にも通じるアールデコ様式で、

車内は天然木材をふんだんに使いました」とレクチャー。

瑞風の中でも最高級の「ザ・スイート」。

世界的にも珍しい1両1室というぜいたくさです。この部屋は二層構造になっていて、

リビングと寝室はかさ上げされた車両中央にあり、両サイドにプライベート

バルコニーとバスタブ付きバスルームが配置されています。

一番気になっていたのはバスタブ付きのバスルーム。車両の揺れに対応した

特殊なバスタブに浸かると、ちょうどいい高さに小窓がきます。

バルコニーには夜景を見るための心遣いで遮光カーテンが付いています。

半開きできる窓から、風を感じることもできます。

いつかは乗ってみたいですね。

travelnoah.co.jp