読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

世界の夢の旅行先にランクイン!“あしかがフラワーパーク”

旅まるより、あしかがフラワーパークのご案内です。

栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。

以来 「250畳の大藤」 として愛されておりましたが、都市開発の為 1997年に現在の

足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、「あしかがフラワーパーク」 として

オープンしました。元々湿地帯だった場所に移設した為、園内には 250トン を

超える量の炭を敷き詰め、土壌の浄化、活力を高め、すべての生命体の

活性化を図りました。園内の拡張整備も進み、現在は 92,000㎡ の敷地面積と

なっています。

f:id:tabimaru:20150430144955j:plain

園のシンボルである大藤は日本の女性樹木医第一号である塚本こなみによって

移植され、樹齢100年を超える大藤の移植は前例がなく常識を超えた

移植プロジェクトに全国から注目を集め、日本で初めての成功例となりました。

大藤 4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) と 80m に及ぶ白藤の

トンネルは栃木県天然記念物に指定されており、これらが見頃を迎える

4月中旬から 5月中旬の 1ヵ月間は 「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が

開催されます。また10月下旬より開催されるイルミネーション

「光の花の庭」 は夜景コンベンションビューローが認定する

関東三大イルミネーションに選ばれました。

四季折々、数多くの花々で彩られており年間で 100万人 以上の来園者が訪れます。

季節は、それぞれの景色、表情を写し変えていきます。

花や木はその舞台の主役です。

あしかがフラワーパークは、花や木を通してその季節感あふれる庭を

園内につくりこんでいます。

ここには藤の花という柱があります。うすべに藤、むらさき藤、白藤、

きばな藤、開花を少しずつずらしながら、その絵巻物語を演じつづけます。

車でご来園されるお客様

東北自動車道より】◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)【北関東自動車道より】◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利

・小山方面進行(約20分)
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

電車でご来園されるお客様

JR両毛線「富田」駅をご利用ください。

東武伊勢崎線ご利用のお客様は久喜駅にてJR東北本線に乗り換えて小山駅より

両毛線ご利用下さい。
◎JR上野駅からもJR東北本線にて小山乗り換えとなります。

連休中は、混雑状況をご確認のうえお出掛けください。