読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅まる Diary

旅まる・格安航空券・国内海外オーダーメイド旅行・旅行お役立ち情報のご案内

気象庁 箱根の警戒レベルを「平常」に!

気象庁は11月20日、箱根の大涌谷周辺の噴火警戒レベルをレベル2の

「火口周辺規制」からレベル1の「平常」に引き下げた。

同庁では、大涌谷付近を震源とする火山性地震が増加していたことなどから、

5月6日に箱根山の噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、6月30日にはレベル3の

「入山規制」に引き上げていたところ。しかしその後は火山性地震

沈静化に向かい、9月11日にはレベル3から2に引き下げていた。

発表を受けて箱根町は、公式ウェブサイトで最新の現地情報を発表。

町内ではすでにほとんどの旅館やホテル、飲食店、交通機関などが

平常通り営業や運行をおこなっている一方で、今回の火山活動により大涌谷には

新たな火口や噴気孔群が出現し、二酸化硫黄などの火山性ガスが高い数値で

計測されているため、引き続き大涌谷への立ち入りを規制することとした。

安全性が確認されるまでは現在の規制を維持するという。

同町では現在、県道734号沿いの早雲山駅、早雲郷別荘地、大涌谷橋、

大涌谷三叉路、姥子駅付近において、定期的に火山性ガスの測定を実施。

日常生活に支障を及ぼすような濃度は計測されていないが、風向きなどにより

大涌谷橋で高い濃度が計測されているため、今後も大涌谷橋付近の駐停車に

関する注意喚起や、県道の交通規制についてはおこなう可能性があるとしている。

また、箱根温泉周辺に活気が戻る事を期待しています。

この間、熱海の温泉施設に集まったため施設側がものすごい強気!

融通が利かないのにはショックでした。

人の足元見て営業って沈静化した今の状態になってどうでしょうね。。